開発担当のつぶやき

デジタルドルフィンズのサポートや開発に関しての情報発信ブログです。



皆さん こんにちは。

Windows10の無償アップデート期間が過ぎているが、Windows10にアップデート出来るみたいです。

今回は下記のパソコンで確認しました。
Let's note CF-S10CYBR

事前準備
 ライセンスキーを用意してください。
 下記のソフトを使用させてもらいました。
  Keyfinder 
   こちらのzipを展開し、exeを実行すると下記のようにライセンスキーを確認できます。
 2018-04-18_16h44_50

確認が取れましたら、控えてください。
その後、下記のサイトにアクセス
Windows10DLサイト
下記のツールを今すぐダウンロードし実行。
2018-04-18_16h26_38
MediaCreationTool.exeという名前でダウンロードされます。

実行すると・・・・
windows10あげれない

アンインストールしてもこの画面はでました。
どうやらこのパソコンはWindows10非推奨のようです。

2018-04-18_16h54_46

どうやらバージョンアップが必要のようです。

パナソニックサイト
下記のように入力して検索してください。
ここにくる型番は、パソコンの裏にかいてあるみたいです。
2018-04-18_16h56_57

赤枠の部分の
2018-04-18_16h59_25

下記の「Intel(R) Dynamic Platform & Thermal Framework ドライバー」をダウンロードして
実行してください。
2018-04-18_16h59_17

そうするとうまく通りました。その後は、ライセンスキーの入力が求められるので、
さっき取得したライセンスキーを入力して待てばOKでした。

以上となります。

余談ですが、必ずしも出来るようではないです。失敗している人もいる・・・
また分かり次第追記していきます。


お問合せ

皆さんこんにちは。

今回はWindows Live Mailが起動できない件です。

会社の方からWindows Live Mailが起動できないと言われました。
まずイベントビューアの確認をしました。

こちら

winmailひらかない

うーんどうやらファイルが壊れているっぽい。以前にこのパソコンOSが起動しなかったこともあり、
早くHDDを交換しないとと感じました。

Windows Live mailは「 Extensible Storage Engine」で動いています。
ということで修復。
コマンドプロンプトを立ち上げ、下記のコマンドを入力してください。
cd %AppData%
    ↓
cd "..\Local\Microsoft\Windows Live"

移動しましたら、次に下記を入力してください。実行すると下記の画面がでます。

esentutl /p Mail.MSMessageStore

2018-04-05_09h36_48

こちらは「OK」をおしてください。そうすると実行され、完了すれば下記のように「successful」がでます。
これが出ればOKです。
2018-04-05_09h37_04


Windows Live Mailが立ち上げることが出来ました。

また今度このパソコンのHDDを交換しようとおもいます。




お問合せ

みなさん。こんにちは。

windows7のXPModeについてです。

下記のようなエラーが出ている場合
2017-11-28_15h49_22

ホスト プロセッサーの種類が一致していないか、システム内にハードウェア支援による
仮想化機能がないため ”Windows XP Mode"を復元できませんでした。
とのことです。

検索する、下記のような対策が出てきました。

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows Virtual PC\仮想マシン

上記のURLでみると、「windowsXP Mode.vsv」がでてくるので、2017-11-28_16h06_58
これを「削除」か「名前の変更」をしていただくと、通常通り起動できるみたいです。

なんだか、ハードウェアの変更をすると出るみたいです。
今回の一件は、メモリの追加をしたら出たそうです。


以上です。




お問合せ


このページのトップヘ