開発担当のつぶやき

デジタルドルフィンズのサポートや開発に関しての情報発信ブログです。

みなさんこんにちは(*・ω・)ノ

古志です。

今回は、システムを作るときに大事なことです。

本来システムを導入する目的ってなに?って話です。

私が思う目的は、お客さんに業務を改善してほしい。と思います。

だってお金を支払うことで対価をお客さんは受けているわけです。

お金が欲しいから売るというのは、お客さんのことを考えていないのでは?

と思います。

じゃあお客さんのために売るとどういうことが起きるかというと、売る側はメンテナンスが大変だよねって話です😢

これはお客様サポートになりますかね!

これは会社の方針になりますが、弊社ではお客さん目線で販売をしています。

弊社で販売・保守を行っている文書管理システムの

デジタルドルフィンズを例に説明させていただきます。

例えば、図面を共有したいっていう目的があります。どういう操作が万人受けしやすいか考えます。

・パソコンに詳しくない人でも操作が出来る。

・共有する方法が簡単

・探す方法が簡単

恐らくこの3点文書管理システムには重要だと思います。

この3点を踏まえているものがデジタルドルフィンズになります。

具体的な特徴は以下の通りです。

・ファイルパスを意識しない共有方法

・誰でも簡単に分かる操作方法

・文書のルール作りがしやすい

こういうところだと思います。

今回は弊社のシステムを例としましたが、もしご興味がございましたら、

お問合せいただけますと幸いです。

よろしくお願いします( `・∀・´)ノ

こんにちは!

今回は、文書管理についてです。

文書を管理するときはファイリングする。もしくは、複合機やスキャナーでスキャンする

方法があります。

お客さんによっては、文書をシステムに入れたり、フォルダー階層で分けたりしていますよね。

なんと文書をスキャンするだけでデジタル化完了! えー!(((( ;゚д゚)))

条件は、バーコードが必要なんです。。。

文書のデジタル化でめんどくさいのは、文書に対して情報を設定・・・・

パソコンを拒絶している人にとってはしんどいです・・・

どんなデジタル化かというと

パターン1 文書にバーコード以外の情報も付けたい

 バーコードに対応するCSVをご用意ください。

 バーコードを読み取った際に対応するCSVを探し、文書管理システムに登録が可能です。※1

 ※1 自社の文書管理システムの実績あり。他システムは要相談。

パターン2 バーコード情報をファイル名に変更

 バーコードを読み取り、ファイル名をバーコードに変更が出来ます。
 
 事前に読み取りのテスト必要です。


そもそもバーコードないけど興味あるしどんな運用か気になる方は下記からお問い合わせ

いただけますと、ご回答させていただきます。




お問合せ

みなさんこんばんわ(*・ω・)ノ

今日は改善活動があったので出勤日でした!
改善活動は楽しいんですよ!
毎月第一土曜日出勤なんで休みがもう・・・はい。。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

今回は、前回紹介しました、デジタルドルフィンズ関連についてです。

前回紹介したブログはこちら

別にデジタルドルフィンズを入れなくても何かシステムを弊社から導入する場合、

提供ができますよーっていうオプションの話ですΣ(・ω・ノ)ノ

実は社外から見れる方法あるんですよ!Σ(゚д゚;)
内容によっては、パソコンだけでなくスマホでも見れるんですよ!
今流行りのタブレットとかー(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

2パターンあって、下記の2つなんです!
1.使うスマホやパソコンに設定しない方法
2.使うスマホやパソコンに設定する方法

それだけなんかーいって感じです。
違いは・・・
1だと知っているURLにアクセスすれば見れるって感じです!
その代わり、セキュリティが若干低くなります。それで大被害にあったお客さんも・・・・
2だと設定する分セキュリティは高くなります。この設定は弊社以外でやっている場合が
多いと思います。

個人的には2のほうがおすすめです。やっぱりURL知っているだけで入られるのはあんまり。。。
なんせ玄関明けてるようなもんですから笑

今日の話はこんな感じです。
もっと詳しい話をお聞きしたい方は、お問い合わせいただければ幸いです。



お問合せ




このページのトップヘ